NEWS/BLOG

石川直樹 スライドショー&トークイベント [TALK EVENT]

2016.01.16 Saturday / イベント

 

この度、YUYBOOKSとkumagusukuの主催で石川直樹さんのトーク&スライドショーを開催いたします。
エベレストに次ぐ世界第2位の高さの山K2。そこで撮影された写真をスライドでみせながらお話いただきます。トーク終わりではヒマラヤシリーズ写真集を販売し、購入者を対象にサイン会をおこなう予定です。

 

石川直樹は、23歳のときに初めてエベレストに登頂し、10年後には別ルートから二度目の登頂を果たしました。その後もローツェ、マナスル、マカルーをはじめ、ヒマラヤの8000メートル峰へと遠征を重ね、2015年夏、高所への旅の最終地点としてパキスタンのK2を選びました。

K2は独立峰であるがゆえに天候の予想が難しく、ルートが厳しいことも相まって、世界で最も危険な山といわれています。今夏の遠征では、隣にあるブロードピーク(8047m)でも順応を行い、K2登頂に向けてさまざまな条件が整うのを待つ日々が続きました。しかし、日を追うごとに雪崩の回数は増え、石川たちの隊はついにK2からの撤退を余儀なくされます。

これまでの遠征とは異なるパキスタンからのアプローチ、下見を含め二回訪れたバルトロ氷河、峻険なカラコルムの山々に取り囲まれたベースキャンプでの日々、極度の緊張感に満ちた超高所での一夜、そうした長旅の道程を、石川は中判フィルムカメラによって余すことなく撮影しました。

 

[ 開催概要_ ]

タイトル _
石川直樹 スライドショー&トークイベント

出演 _
石川直樹(写真家)

時間 _
2016/2/2(火)
19:30~20:30 (19:00開場)
トーク後 サイン会有り

会場 _
ozasahayashi_project(kumagusuku1階奥)
http://kumagusuku.info/
〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3
map

入場料 _
1500yen (1 drink付き)

定員 _
50名(要事前予約)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

主催:YUYBOOKS、KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
協賛:ozasahayashi_project

 

[ ご予約方法 _ ]
e-mail event@yuy.jp にて、
■お名前
■お電話番号
■ご参加希望人数
を明記の上、YUYBOOKS宛にお申し込みください。
定員に達した時点でお申込を締め切らせていただきます。

 

 

[ 石川直樹 ]

1977年東京都生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により 土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。また、ヒマラヤの8,000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』(SLANT) を4 冊連続刊行。最新刊に『SAKHALIN』(アマナ)、『潟と里山』(青土社)がある。

http://www.straightree.com/

 

[ ozasahayashi_project ]

ozasahayashi_projectは、古い京都の町家をリノベートしたユニークなスペースです。革新的で実験的な芸術的表現を促進し、次世代アーティストの育成、作品発表の場も兼ねた多目的なスペースです。
営業時間 :16:00-21:00
営業日 :金・土・日
〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 1F
アクセス :JR山陰本線・地下鉄東西線 二条駅より 徒歩9分、阪急京都線 大宮駅より 徒歩6分

http://www.ozasahayashi.com/

 

 

YUYBOOKS AWAJISHIMA オープンしました

2015.04.28 Tuesday / 日誌

YUYBOOKS AWAJISHIMA

 

この度、YUYBOOKSは2店舗目となるAWAJISHIMA店をオープンいたしました。

セレクトショップNEHAの中にshop in shopとして営業します。

AWAJISHIMA店は古書専門のお店です。

 

YUYBOOKS AWAJISHIMA
〒656-2334 兵庫県淡路市釜口465 NEHA内
OPEN / CLOSE 11:00-19:00 HOLIDAY:IRREGULAR

 

YUYBOOKS AWAJISHIMA

YUYBOOKS AWAJISHIMA

 

道路沿いのこの看板が目印です。

YUYBOOKS AWAJISHIMA

左から、NEHAオーナー白神さん、チョコレート屋のマミさん、YUYBOOKS。

 

NEHAはセレクトショップであり雑貨、カフェ、本、ギャラリーとどんどん進化しています。

もうすぐチョコレートショップもオープン予定!

たのしみがとまらないですね。

http://neha-awaji.com

お近くにお越しの際はYUYBOOKS AWAJISHIMAにぜひいらしてください。

 

またYUYBOOKS AWAJISHIMAのオープンに向けてショップカードとプライスタグをつくりました。

プライスタグを押し返したところに淡路島が現れる仕様です。

YUYBOOKS shop card

YUYBOOKS shop card

YUYBOOKS shop card

YUYBOOKS AWAJISHIMAをどうぞよろしくお願いいたします。

YUYBOOKS 小野友資

いまどきのブックフェア [ EVENT ]

2015.03.18 Wednesday / イベント

いまどきのブックフェア

来る3/28(土)3/29(日)フィールドラボにていまどきのブックフェアを開催いたします。
今回のイベントは「いまどきの本屋講座」の受講生さんたちと一緒につくったイベントになります。

そして京都の本屋があつまって24時間限定の本屋をつくります!
それぞれブースがあるわけでなく、みなさんに持ち寄っていただいた本、すべてをバラバラに並べ、棚をつくり販売します。

棚のタイトルはさまざま。
営業時間中に棚も本の並びも変化していきます。

お昼に来た本屋と夜に来た本屋がまったく違うものになっているかも。

また今後も継続して続けていくイベントとなりますので、イベントごとの成長や変化も楽しんでいただけるかと。また「いまどきの」というタイトルをつけていますが、若い御客様だけでなく、幅広い年齢の方にきていただけるよう、しっかりと良い本に出会える場を目指しております。

ぜひみなさまお誘い合わせの上ご来店くださいませ。

YUYBOOKSとちのり文庫は24時間オールタイムで入る予定。
差し入れ大歓迎ですー

//////////

/ 日程 3/28(土)3/29(日)
/ 時間 28日PM15:00〜29日PM15:00
/ 場所 フィールドラボ
http://www.field-laboratory.com/rentalspace/

/ 出店者
100000t
ありの文庫
いまどきの本屋講座受講生さんたち
お早ようブックス
古書ダンデライオン(はんのき)
古書思いの外(はんのき)
古書ヨダレ(はんのき)
seiwado
只本屋
ちのり文庫
not pillar books
nowaki
マヤルカ古書店
ミシマ社
ヒトノホン
homehome
ホホホ座山下さん
YUYBOOKS
レティシア書房

 

いまどきのブックフェア

いまどきのブックフェア

石川直樹 スライドショー&トークイベント [TALK EVENT]

2015.01.16 Friday / イベント

 

石川直樹トークショー

 

この度、YUYBOOKSでは石川直樹さんのトーク&スライドショーを開催いたします。

場所は2015年1月末オープン予定の宿泊型アートスペース「KYOTO ART HOSTEL kumagusuku」。

その中にある空間「art space ARE(アートスペース アレ)」での開催となります。

当日はチベットの代表的な飲み物バター茶をご用意させていただきます。

ブックサイニングも予定しておりますので、是非みなさま御来場ください。

 

タイトル _
石川直樹 スライドショー&トークイベント

出演 _
石川直樹(写真家)

時間 _
2015/2/9(月)
19:00~20:00 (18:30開場)
トーク後 サイン会有り

会場 _
art space ARE (KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 併設)
http://kumagusuku.info/
〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3
map

入場料 _
1500yen (1 drink付き)

定員 _
40名(要事前予約)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

主催:YUYBOOKS
共催:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
後援:art space ARE
協賛:A.S.K atelier share kyoto

 

※予約が定員を達しました。みなさまありがとうございます。
以降、ご予約いただいた方はキャンセル待ちとなります。
キャンセルが出た時点でご予約いただいた方から順にメールにてご連絡させていただきます。
悪しからずご了承くださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。

ご予約方法 _
e-mail event@yuy.jp にて、
■お名前
■お電話番号
■ご参加希望人数
を明記の上、YUYBOOKS宛にお申し込みください。
定員に達した時点でお申込を締め切らせていただきます。

 

石川直樹トークショー

石川直樹トークショー

 

23歳でチベット側から世界最高峰チョモランマ(エベレスト)の登頂に成功したことを出発点に、10年後にネパール側から再登頂。その後、ヒマラヤの山々に毎年挑戦し、マナスル、ローツェ、マカルーの頂に立った写真家・石川直樹さん。遠征の日々を、ヒマラヤシリーズとして4冊の写真集にまとめました。

「未知なるものに出会いたい」と言う石川さんを魅了してやまないヒマラヤにおける新しい発見と驚き、8000m級の高峰ならではの体験を、ヒマラヤシリーズ写真集のスライドを交えながら、お話していただきます。

会場ではヒマラヤシリーズ写真集を販売いたします。購入者を対象に、トーク終了後サイン会をおこないます。

 

石川直樹トークショー

石川直樹トークショー

石川直樹トークショー

石川直樹トークショー

【石川直樹】

1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。写真集『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、『CORONA』(青土社)により土門拳賞受賞。著書に、開 高 健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。ヒマラ ヤシリーズとして写真集 『 Qomolangma 』、『 Lhotse(ローツェ) 』、『 Manaslu 』、 『 Makalu 』(SLANT)を4冊連続刊行。

オフィシャルサイト >> http://www.straightree.com/

 

 

<art space ARE(アートスペース アレ)>

art space ARE

撮影:表恒匡
作品:工芸の家
コレクション:OZASA KYOTO

 

クマグスクの1階奥に併設された アートスペース。空間からアーティスト自らが作品として作り上げながら企画運営していく、新しい場です。京都で活動する若手工芸家グループ「工芸の家」 (安藤隆一郎、石塚源太、染谷聡、中村裕太)の手により、工芸的な意匠が建築(塀、階段、柱、三和土)に作品として施され、半世紀以上前の昭和木造建築と 共存しています。外部にまで大きく開かれた空間は建築的にも非常に特殊な空間であり、今後、様々な状況を受け入れる受け皿として機能していきます。

スペースの名称「ARE」とは日本の古い言葉「あれ(阿礼)」から来ています。“神霊の出現の縁となる物”という意味があります。また、ラテン語では 「are(アール)」は“敷地”という意味になります。敷地、または空間から目には見えない何ものかが立ち現れる…、様々な人々が関わることでそのような 作用をもたらす場になればと考えます。

企画運営:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
共同運営:A.S.K atelier share Kyoto、工芸の家
設計:dot architects
協賛:A.S.K atelier share Kyoto

 

 

 

 

 

 

twelvebooks sale in yuybooks

2014.08.25 Monday / イベント

 

twelvebooks sale in yuybooks

日時:8月30日(土)〜 9月15日(月・祝)
場所:YUYBOOKS  京都市下京区松原通油小路東入ル天神前町327-2 (いろいろデザイン内)
営業:15:00 〜 23:30
祝日:火・水

8月30(土)よりYUYBOOKSにてtwelvebooksのセールを行います。
twelvebooks濱中さんによる、有名な作家、すでに手に入らない雑誌、などノンジャンルのセレクトです。
500円〜3500円(税抜)と通常の金額より大幅な値下げとなっておりますのでお早めにどうぞ。
またB品ではありますが、すでに日本では品切れしてしまっているレアな商品も多数ありますので、
この機会に是非いらしてください。

 

twelvebooks

2010年に東京を拠点に設立された、アートフォトブック専門のブックディストリビューター。
「MACK」や「MOREL」など主にヨーロッパを中心に約20の出版社の書籍の流通・プロモーションを手掛ける。
その他にもアーティストと直接契約し、アーティストブックの流通や写真展の企画なども行う。
www.twelve-books.com

 

 

平山昌尚 / Blast Show

2014.08.21 Thursday / 和書/作品集

http://goo.gl/KChoaU

「Blast Show(爆破ショー)」とは、平山が仕掛けた爆破装置を作動させるイベントで、その爆破のエネルギーが
加わることで変化する状況を作品化する装置でもあります。

2012 年12月-2013年1月にかけて、NADiff a/p/a/r/t店内で開催した「Blast Show」では、爆破装置の周辺に色と
りどりの絵具の入った紙コップとキャンバスを配置し、爆破によって飛散した紙コップとキャンバスは、様々な色が
ド リッピングされたオールオーバーな絵画に姿を変えました。

アーティストブック「Blast Show」は、爆破から生まれた絵画を写真に記録した作品集です。
平山の特徴でもあるシンプルな行為、思考を体現した、潔い図鑑のような構成でまとめられ、ひとつひとつ異なる
絵肌を持つ作品の魅力を伝えています。

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

blastshow

44P, 14.5 x 18cm, Edition of 300
Design: the simple society
Publisher:RONDADE

 

横田大輔 / VERTIGO

2014.08.14 Thursday / 和書/写真集

http://goo.gl/0jtP2H

横田大輔は1983年生まれの写真家で、2011年に制作したセルフパブリッシング『Back Yard」の
驚異的な拡散を皮切りに、「site/cloud」の個展開催 (G/P Gallery)、及び写真集刊行 (Artbeat Publishers)、
Unseen Photo Fair 2013 において”The Outset | Unseen Exhibition Fund” 初の受賞者となり、現在アムステ
ルダムの美術館 Foam Museumで同タイトルの個展を開催中と、国内外でその活動の幅を広げ、今後のコン
テンポラリー・フォトグラフィーをリードしていく作家の一人と見られています。

vertigo

これまで横田は、かつて目の前の光景を記録した像 = 写真を解体し、その結果更新される今・現在のイメー
ジを上書きして定着させることをテーマとして作品を制作しています。乗算されたイメージは、ざらついて、
不穏な、見る側の知覚に刺激をもたらすものになります。そういった視覚的な効果を獲得するために、横田
はフィルムの高温現像、Photoshopによるレタッチ、またそれらの複写など、写真現像やプリンティングにま
つわる様々な手法を駆使し、溶解した乳剤、フィルム面に付着したチリや埃などのノイズから表出したフォ
ルムを掬い取り、偶然性を介入させながらイメージを生成します。結果的に横田はその過程において写真を
成り立たせる中間層であるメディウムの存在に肉薄し、作品として結実させていきます。

vertigo

この度リリースする、アルフレッド・ヒッチコックの名作サスペンス映画と同じタイトルである最新作
「VERTIGO」は、そういった横田の特徴を最も鋭敏な形で体現したシリーズであり、「Back Yard」の
進化系と位置付けることができます。

vertigo

加えて、ヌードのクローズアップや上空からの撮影などのこれまでにない視点によるアプローチや、シーク
エンスを意識させる編集により映画や絵画など他の視覚芸術との接続点を見ることができます。

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

vertigo

 

Vasantha Yogananthan / PIEMANSON

2014.08.12 Tuesday / 洋書/写真集

http://bit.ly/1vyBTKW

果てしない海岸にて。

 

マグナムが主催する「30 UNDER 30」という、30歳以下の写真家30選にも選ばれたフランス人アーティストであり「CHOSE COMMUNE」の共同設立者でもある、Vasantha Yogananthan(ヴァサンタ・ヨガナンタン)の初作品集。

本書は1970年代に何の所有権もない近隣住民によって私有化された後、今では毎年ヨー ロッパ各地から何千人もの人々が他の浜辺にはない自由を求めてキャンプをしに来るようになったフランス最後のワイルドビーチと言われる浜辺「PIEMASON(ピエマソン)」を舞台に、2009年から2013年の5回の夏にわたり作者がピエマンソンの住民とキャンプをしながら浜辺での日常生 活を探求した作品であり、同時にピエマンソンの住民の物語である。

「National Media Museum」と「MACK」によって共同運営され、過去に写真集出版経験の無い作家の出版支援を目的とする「First Book Award 2014」ファイナリスト作品集にも選出された。

 

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

piemanson

 

季刊誌 PERMANENT / 六号

2014.08.10 Sunday / インディペンデントマガジン

http://bit.ly/1vtx0mx

命、

 

 

第六号は、採卵鶏の廃鶏を捌く過程から、その鶏肉を美味しくいただくまでの記録をまとめました。

鶏を捌く過程で、残虐だと思われるような写真も多数あり、掲載するにあたり、熟考を重ねてきました。

しかし食べることを考える上で、動物や植物の命をいただく行為は、切っても切り離せない営みです。

私たち消費者は、切り身になった肉や魚は手にしても、その背景を知ることはありません。背景をしっかり知ることで、

大切な命をありがたく、美味しく、余すことなく頂きたいと考えます。

また消費する量についても考えるきっかけになればと思います。

 

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

 

ゴールデンウィーク中の配送業務のご案内

2014.05.03 Saturday / その他

いつもYUYBOOKSオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます!

ゴールデンウィーク中の配達業務につきまして、
5/3(土)〜5/8(木)の期間中オンラインショップでご購入いただきました商品は
最短で5/9(金)の発送となります。

お得意様には何かとご不便、ご迷惑をお掛け致しますが
悪しからずご了承くださいますよう宜しくお願いいたします。

YUYBOOKS 小野友資

1 / 2612345...1020...最後 »

〒 600-8459
京都市下京区松原通油小路東入ル天神前町327-2
(いろいろデザイン内)
営業時間 15:00~23:30
定休日 火水

YUY BOOKS

info@yuy.jp

ARCHIVES