NEWS/BLOG

季刊誌 PERMANENT / 六号

2014.08.10 Sunday / インディペンデントマガジン

http://bit.ly/1vtx0mx

命、

 

 

第六号は、採卵鶏の廃鶏を捌く過程から、その鶏肉を美味しくいただくまでの記録をまとめました。

鶏を捌く過程で、残虐だと思われるような写真も多数あり、掲載するにあたり、熟考を重ねてきました。

しかし食べることを考える上で、動物や植物の命をいただく行為は、切っても切り離せない営みです。

私たち消費者は、切り身になった肉や魚は手にしても、その背景を知ることはありません。背景をしっかり知ることで、

大切な命をありがたく、美味しく、余すことなく頂きたいと考えます。

また消費する量についても考えるきっかけになればと思います。

 

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

permanent6

 

yonige#1

2013.12.05 Thursday / インディペンデントマガジン

インターネット好きな3人が集まって、インターネットの恥ずかしがり屋を現実に呼び戻すオルタナティブマガジン。

yonige

ほとんどなにもなくても好きなことができる

だから

友達から逃げよう 社会から逃げよう 都会から逃げよう 学校から逃げよう

夜に逃げよう

yonige

ラッパー・ツイッタラー・SQUIDS mag 福岡支部 /  徳利

 

yonige

ラップをしちゃう普通の女の子 / 泉まくら

 

yonige

16歳のJKラッパー / daoko

 

Talk of FUKUOKA
duenn×AnammastrA

*初回100部限定 キラキラ徳利ステッカー付き

 

 

インターネットだいすき!

| onlineshop : yonige#1

 

 

 

線と点と文の同人誌、センテンス。

2013.10.14 Monday / インディペンデントマガジン

sentens

イラストレーター、銅版画家、グラフィックデザイナーやライターたちが、

各々の専門分野を活かした作品を1冊の書籍にまとめた同人誌。

sentens

sentens

sentens

〔参加作家〕 大竹竜平、寺本 愛、正能亜衣子、いしいこうた、内田 圭、ボーイ蜜ガール

 

特別なテーマのない同人誌。それぞれの作家が点となり線になって文ができる。

そんな同人誌です。

 

表紙は色違いで2種類ございます。

 

 

 

MONTEM issue#01

2013.10.02 Wednesday / インディペンデントマガジン

montem

世界中の有名、無名問わず精力的に活動している写真家や画家、造形作家の作品を集めたインディペンデント

アートマガジン「MONTEM」。

montem

文字情報中心ではなく、作品を大きく載せた作品集のような見栄えです。

montem

issue#01では7人のアーティストをフィーチャー。

montem

あなたの好みのアーティストに出会えます!

montem

| Featured artist

Ruben Brurat :  http://www.rubenbrulat.com

Steve Chellis :  http://chellisart.com

Mikhail Gubin :  http://www.gubinart.com

Michael Ottersen :  http://www.michaelottersen.com

Kathlyn Lien :  http://www.kathrynlien.com

Marek Wykowsky :  http://www.flickr.com/photos/wykowski

Anthony Cudahy :  http://anthonycudahy.com

 

| online store

> http://yuybooks.net/#!/items/524aef803e7a4a0d76000030

 

ONTARIO No.1

2013.07.06 Saturday / インディペンデントマガジン

ONTARIOは、アメリカを拠点に活動中のフォトグラファー高橋ヨーコと、ブルックリン在住のグラフィ

ックデザイナー穂積吉恵によって、2012年に創刊されたビジュアル・ジャーナル。

サンフランシスコ、そしてニューヨークから共同発信。No.0はこちら →

第1号の注目はアメリカの南部3州を駆け抜けた道中で出会った人々とサウザンホスピタリティーの

緊密な関係。 そして東海岸にある都市でそれぞれのやり方で活躍しているクリエイター達です。

その他気になったり インスピレーションを受けたもの、人、場所のビジュアルレポート。

「私たちの目に興味深く映った情景が喜ばれることを願って。」

 

英語/日本語表記

———————————————————–

ONTARIO No.1

1890円(税込)

Studio Journal knock 1st issue

2013.06.23 Sunday / インディペンデントマガジン

“表現”と向き合う世界各地のアーティストを訪ね、彼らの日常を綴るビジュアルジャーナル『Studio Journal

knock』。作品だけではなく、作品が生まれる背景へと旅することで、彼らの発想の源流を探っていきます。

創刊号“BANGKOK, HUA HIN – THAILAND”では、青いシェアハウスで三匹の猫と暮らすペインターや、性

のタブーに挑み続ける写真家、嫉妬に狂うガールフレンドから身を隠す漫画家、成功を収め次のステージを

見つめる現代美術家などなど。。

知られざるタイ・アートシーンの中で、たくましく生きるアーティストたちをフィーチャー。彼らのちょっと

ルーズで泥臭い、アートとともに暮らす愛おしき日常に触れる旅。

表紙の印象的なグリーンが目印。中判フィルムカメラで撮影された写真もとてもきれいです。

雑誌のような雑誌でないような、ちょっとゆっくりした時間を感じられる本。

表記は英語/日本語。500部

 

———————————————————–

Studio Journal knock 1st issue

1300円(税込)

TOO MUCH Magazine

2013.05.25 Saturday / インディペンデントマガジン

Romantic Geographyをテーマに、都市やそこに集う人々に焦点を当てたTOO MUCH Magazine。

今号では、21世紀の現代社会に溢れかえる「ブラックボックス」を電子機器だけではなく、都市の中に置き換え

てみるとどうなるのか?を考えています。

ヴィト・アコンチ / インタビュー「何よりも、都市はもっと変化してほしい」

杉本博司 / インタビュー「伝統的日本の再占領化」

エルネスト・ネト / 「マヤのピラミッド、キリストの死体、空虚、おしっこ」

石川直樹 / 「氷の少女、その足あとをたどって」

などなど、、、

全編英語表記ですが、日本語訳の冊子がついています。

2013年ヴェネチア・ビエンナーレ日本代表田中功起によるポスターつき。

YUYBOOKSでは、Issue3とIssue4が店頭にならんでいます。

 

———————————————————–

TOO MUCH Magazine

Issue3 1680円(税込)

Issue4 1890円(税込)

YES MAGAZINE 創刊号

2013.05.18 Saturday / インディペンデントマガジン

2006年まで名古屋発のカルチャーマガジン「roots magazine」を発行してきた編集長が、  新たなマガジン

「YES MAGAZINE」を創刊しました。

今回の創刊号はvol.00 と称して、roots mag時代からも誌面を飾ってきたグラフィティアーティスト「ESPYONE」

の作品を丸々詰め込んだ作品集のような内容となっています。

次号からはまた様々なアーティストを取り入れた誌面を予定されているそうです。不定期発行。

「 時が経っても決して色褪せないカルチャーマガジンを目指します。」

 

———————————————————–

YES MAGAZINE 創刊号

1000円(税込)

Secori Book vol.1

2013.03.27 Wednesday / インディペンデントマガジン

「ノマドギャラリー」というコンセプトのもと、シーズン毎に異なる会場で、様々なデザイナーと

展示会を企画する、ロンドン発のキュレーションプロジェクト”Secori Gallery”。

その活動の中で出逢うすばらしい人や業をアーカイブした『Secori Book』 。

ブランドと工場のコラボレーションの為に距離の問題だけでなく、 産地やデザイナーの紹介を入れて、

双方の理解を深めるサポートをするという目的もあるそうです。

デザイナー/職人、発行人/読者といった壁を超えて「日本のものづくり」を再考できる書籍です。

vol.1では、若手デザイナーの紹介をはじめ、「藍染・草木染」や「手捺染」など伝統技術やテキスタイル関連の

特集を中心に、取材や対談を収録しています。

 

—————————————————–

Secori Book vol.1

1050円(税込)

ONTARIO No.0

2013.01.17 Thursday / インディペンデントマガジン

ONTARIOは、アメリカを拠点に活動されているフォトグラファー高橋ヨーコと、ブルックリン在住のグラフィ

ックデザイナー穂積吉恵によって、2012年に創刊されたビジュアルジャーナルです。

ケープコッド/サンフランシスコ、そしてニューヨークから共同発信。

0号では ロサンゼルスで活躍されている武藤彩を書き手に加えて創刊されました。

タトゥーを「集める」女の子たちや、わずか 14歳のブルライダー、

また小さな暮しを楽しむ女性との対話やアメリカ西部の若いロデオライダー達をフィ ーチャーしています。

「ファンタジーを現実化したこの号は、瞬く間に出来上がった、 希望に溢れる私たちの初心表明です。

ここからの無限な可能性に心弾ませながら、オンタリオの航海は始まります。」ontario HPより

———————————————————–

ONTARIO No.0

1,785円(税込)

〒 600-8459
京都市下京区松原通油小路東入ル天神前町327-2
(いろいろデザイン内)
営業時間 15:00~23:30
定休日 火水

YUY BOOKS

info@yuy.jp

ARCHIVES